エネルギー部会の2019年度の活動計画

1.市に提出した「新庁舎・福祉会館に関する『意見』」への市の対応のフォロー


(フォロー会議等により意見採用を働きかける)

 

2.「地球温暖化対策地域推進計画」の具体的な取組みの提案

 

(「環境家計簿」の小金井市への導入等)


1.のフォローについて

小金井市環境市民会議では、2019年2月に、小金井市長に対して現在進行中の小金井市の新庁舎・新福祉会館の基本設計にあたり、小金井市環境基本条例第27条に基づき9項目にわたる意見を提出しています。

  1. 建設敷地内に可能な限り芝生、樹木、屋上緑化、花壇を設置する。
  2. 庁舎エリアの緑は、北部の玉川上水・小金井公園から南部の野川・武蔵野公園に連なる生物の移動を助ける「緑の飛び石」とする。
  3. 建物の屋上、屋根、壁面に降った雨は、貯留、浸透させ、下水道に流さず100%活用する。
  4. 井戸水位ディスプレイを設置し、リアルタイムに地下水位を見える化する。
  5. 「地下水保全会議」の意見を十分活用し水循環に配慮した業者選定を行い、指導する。
  6. 建物の設計・建設に当たっては長寿命でライフサイクル中のCO2排出量を少なくするため「建築環境総合性能評価システム」(CASBEE)での最高ランク「S」を取得する。
  7. エネルギー消費量のおハバナ削減目標を定める。
  8. 調達する電力は自然エネルギー100%を目指す。
  9. 防災利用可能な雨水貯留設備や手押しポンプ式井戸などを設けて、飲料水用深井戸と併せて水の供給拠点とする。

この「意見」について市が建設計画を進める中で、どのような対応をしていくか、他の部会と連携したプロジェクトチームを立ち上げてフォローする計画です。

 

2.の取組みについて

小金井市では平成22年に「小金井市地球温暖化対策地域推進計画」を策定し、平成27年に改訂版を発行しています。

その概要版では、小金井市のエネルギー消費について以下の内容が記述されています。

 

目標 H322020年度)までに市のエネルギー消費量 H182006年度)比で14%削減

 

CO2排出 ・家庭からが51.24%2011

     ・電気からが約67%

             ・市全体の総量は、類似団体と比較して最も少ない

             ・家庭部門単独では類似団体と比べて排出量が多い → 家庭における更なる削減策が重要

                   ・エネルギー消費は家庭部門が最も多く5割強

 

CO2増加の大きな要因は、原発停止による排出係数の増加による。

エネルギー部会では、上記の「家庭における更なるエネルギー消費の削減が重要」との観点から、先行する近隣市の環境家計簿の導入の取組みを参考に、小金井市でも同様の多くの市民が参加できる省エネの取組みを実現したいと考えています。